CHECK

不動産買取を利用するときの流れを解説

不動産買取を利用するときの流れを解説

一般的な不動産取引の流れと同様に、不動産買取を利用するときの流れは事前準備からはじまります。直近の取引動向を調べて、買取価格をある程度予想した上で不動産買取業者選びにとりかかりましょう。事前準備の段階で、提出しなければならない書類を用意しておけば、手続きをスムーズにすすめることができます。不動産買取業者選びでは、複数の業者に査定を依頼することが重要です。通知された査定結果を比較し、取引業者を決定したら条件面の交渉に入り、合意したら売買契約を締結します。業者によっては、この段階で手付金や、仲介手数料の半額の支払義務が発生することがあります。売買契約締結から数日後、金融機関に売主、不動産買取業者の担当者、司法書士、金融機関の職員の4者が集まり、未払いの代金の決済や登記申請に必要な書類の提出を済ませたら、売主から鍵や関係書類などを不動産業者に引き渡します。これで買取の手続きは完了で、あとは翌年に確定申告や納税を済ませれば売却に関わるすべての作業が完了します。

不動産買取を考える方に買取保証の利用が増えている

不動産買取を考える方に、買取保証を利用する方が増えています。仲介を用いて買い手探しを行っていっても、思うような相手が見つからないことは珍しくありません。不動産買取を考える際には、早急に現金が必要なケースも多いものです。一定期間が過ぎても買い手が見つからないことは、問題になる場合が多いのです。買取保証を提供する事業者であれば、確実な物件売却を行うことは可能となります。物件の売却依頼を行う前に、半年や1年といった売却期限を決めておくのです。制限期間内に買い手が探せない場合には、不動産会社の方で物件の買取を行ってくれます。市場価格よりは安値での売却になりますが、間違いのない物件売却を実現できるのです。転勤が決まったなどの理由により、すぐに物件を売却する必要が生じることは珍しくないものです。出来るだけ早い段階で、高値での売却を実現させたい場合には、保証付きで売却を進めていくのも良いでしょう。不動産買取を特集するサイトの中には、保証期間の有無についての記載を行うところも少なくありません。自分の目的や要望に応じた会社を選び、満足いく価格での売却を実現させていくのが良いでしょう。

不動産買取に関する情報サイト
不動産買取の仕組みを解説!

不動産買取は大きく、その土地の路線価と建物の価値とに分かれます。路線価は、国が毎年発表している土地の価格の目安で人工だったり商業地だったりがあることで価格も上昇していく仕組みてす。建物の価格は年数によって徐々に下がっていくもので、新築に近ければ近いほど価値が高いとされています。これらのおおよその傾向をつかんでおけば大損することは無いと言えるでしょう。もちろん、需要によって価格は変動していきます。

Search