CHECK

知らないと損をしてしまうかも!?不動産買取の仕組みなどお役立ち情報を解説!

不動産買取は大きく、その土地の路線価と建物の価値とに分かれます。
路線価は、国が毎年発表している土地の価格の目安で人工だったり商業地だったりがあることで価格も上昇していく仕組みてす。
建物の価格は年数によって徐々に下がっていくもので、新築に近ければ近いほど価値が高いとされています。
これらのおおよその傾向をつかんでおけば大損することは無いと言えるでしょう。
もちろん、需要によって価格は変動していきます。

知らないと損をしてしまうかも!?不動産買取の仕組みなどお役立ち情報を解説!

細かく見ていくと、正方形の土地の方が不動産買取における価値があり、台形や三角形の土地はそれに比べてやや評価が下がります。
これは利用しやすさ、利用しにくさに影響していて正方形や長方形のほうが建物が建てやすく利用しやすいからです。
幹線道路に面していると騒音の影響があるので、道路脇よりも住宅の内側の方が価値が高いとされています。
このように細かく土地の評価は変わってくるので、不動産買取の際には交渉材料にできます。

不動産買取を依頼するメリットの一つでもある瑕疵担保責任とは?

不動産を扱う業界では瑕疵担保責任という法律が絡んでくるので、全てを正直に開示しないと後からトラブルに発展してしまい裁判になるリスクもあります。
家を購入した方が実際に住宅で生活をスタートさせた際、見えない部分で漏水が起きていたり、床下を確認すると水溜まりが出来ていることで室内にカビが繁殖してしまうなど、問題に直面することがあります。
この場合購入者は一般人になるので問題を見極める能力はありません。
この際に発生する法律になるので会社側は無償で修理修繕やリフォームをする義務が生じます。
一方で不動産買取を利用して自宅を買取ってもらう際には、瑕疵担保責任は発生しない条件になることからメリットに感じる方も実在しています。
不動産買取では不動産会社が住宅を点検した上で査定額を提示する方法になるので、住宅に対してはプロフェッショナルな存在です。
この理由によって一般消費者とは異なり法律は適用されることはないので、後から目立った問題が発覚したとしても問われることはありません。

仲介と比べると不動産買取の依頼先が少ないのがデメリット

不動産を売却すると多くの現金を得ることができますが、条件の悪い土地などはなかなか買い手がつかない場合もあります。
できるだけ早く現金化したいのであれば、不動産買取にすることも考えてみましょう。
不動産買取なら、仲介ではなく不動産業者に直接売却することになるので手続きも早く済みますし、すぐに現金化できるのもメリットです。
しかし一度売却した不動産を手元に戻すのは難しいものがあります。
それゆえ、不動産買取を依頼する場合もデメリットがないかどうか確認しておきましょう。
まず、仲介では一般の消費者から買い主を探すことになります。
相場価格を参考に値段を決めるので良い価格がつくことも多いといわれています。
仲介の場合は、多くの人から買い主を探すことができますが、買取の場合は依頼先は一般の消費者ではなく不動産業者です。
早期に売却手続きが完了するのはメリットですが、相場より安くなりやすいのはデメリットといえます。
時間はかかっても、できるだけ高く売りたいという人は仲介も検討してみてはいかがでしょうか。

不動産買取なら短期間で売却ができて現金化できる

不動産買取のメリットの一つは、売却して現金化できるまでの期間が短いことです。
不動産買取では買主が不動産会社なので、一般的な不動産取引のように購入希望者があらわれるまで待つ必要がありません。
通常の宅建業者に仲介をしてもらっての不動産売却では、価格等の条件によってはいつまで経っても購入希望者があらわれず、売却手続きが完了するまで長く時間がかかってしまう可能性がありますが、不動産買取では不動産業者を決めたらすぐに条件の交渉に入ることができます。
順調に交渉がすすめば、通常の取引だと2~3ヶ月かかるようなケースでも、1週間程度で不動産を現金化させることが可能です。
急な転勤や転職に伴う住み替えや離婚の財産分与、相続、多額の債務弁済など、早期に不動産を売却したい理由は人それぞれです。
もし、価格にこだわりがなく、とにかく早く不動産を手放したいときは、不動産買取を行っている会社に相談をするのがおすすめです。

不動産買取は仲介よりも安い金額で売却することになる

不動産を売却する場合は、不動産買取と不動産仲介の2種類があります。
不動産買取は、不動産業者が直接不動産を売主から買取する取引です。
買主が不動産業者なので、契約が成立すれば売主にスピーディーに現金が手に入ります。
しかし、不動産買取の場合は、早期に契約が成立する代わりに、一般的な相場よりも安い価格での契約になります。
相場の70%程度での価格になることが多いので、その点は十分に注意してください。
安い価格でも良いから、早く契約を成立させたい場合は、ふさわしいと言えます。
それに対して不動産仲介とは、不動産業者が仲介して買主を探す取引です。
買主が見つかるまで活動を続ける必要があるため、契約が成立するために時間がかかる可能性があります。
場合によっては1年近くも活動を続ける必要があるでしょう。
ただ、不動産仲介は一般的な相場で契約が成立する可能性が高いため、時間がかかっても高値で売却したい場合は、不動産買取よりも不動産仲介の方が良いでしょう。

不動産買取は現状のままで住宅を売却することが可能

不動産買取を行う会社に住宅を売却する場合には、様々な準備をしなければならないと考えている人が少なくありません。
しかし実際にはその査定を行う場合、様々な状況を考慮して金額を算出することになるため、現状のままで売却をすることも可能となっています。
不動産買取の査定を行う場合に多くの業者では、建物を自らが売却するために必要なリフォーム費用や撤去費用、またその他の費用などを積算し想定売却金額から差し引くケースが一般的です。
そのためこれらに必要な費用が高額になればなるほど、査定価格は低くなると言うことになり、すなわち現状のままでもその買取価格が安くなるだけで売却をする事は可能となります。
より高く売りたいと修繕をするケースも多いのですが、修繕方法が不動産買取を行う業者の意図に合わないと、これをさらにリフォームすることになり費用がかかるため、査定価格が安くなってしまうことも少なくありません。
売却を決めている場合には、自分自身で修繕を行うよりもそのまま売却した方が良いケースも多いものです。

そもそも不動産買取とは?住宅などを不動産会社が買取する売却方法

不動産を売却する際には、対象になる不動産を買いたい人を見つけなければいけません。自分で探すのには限界があるので、不動産売買のプロである不動産会社に依頼して買主を探してもらうのが一般的です。
それでも、買主がおいそれとは見つからないこともあります。売却を急いでいる場合は、いつまでも呑気に待っているわけにはいきません。そんな場合に便利なのが不動産買取という売却方法です。
具体的にいうと、不動産会社が買主を探すのではなく、買主になって対象の不動間を買取る方法です。
この方法を利用すると買主を探す手間が省けるので、早く売却手続きを終了させることが可能になります。少しでも早くお金が必要な場合等には大変便利な方法になります。
しかし、買取った不動産は通常転売されるので、転売の際に利益が出るように買取価格が抑えられる傾向があります。
不動産買取は売却価格より速やかな手続きを優先する場合に大きなメリットがある方法です。

再建築不可の物件も不動産買取なら対応可能?

不動産物件の中にはその性質などによって利用上の制限が設けられているものがありますが、再建築不可物件もその1つに数えられます。
これは、接道義務を満たしていないなどの理由によって本来はそこに建物を建てられない土地のことで、現在すでに建っている住宅等はそのまま使用し続けても良いが、いったん取り壊したら同じ状態のままでは再び建てることは認められないというものです。
このような物件は、建物がどんどん古くなっても改築ができないわけですから、当然ながら不動産市場では一般的な物件よりも人気がありません。
仲介業者に買い手探しを依頼しても、なかなか見つからないというのが実情です。
ただ、物件を自ら買い取ってくれる不動産会社、いわゆる不動産買取業者であれば、対応してもらえる可能性があります。
というのも、不動産買取業者は仲介業者と違って物件をいったん自分のものにするため、自由に価値を付加することができるからです。
したがって、たとえ古い再建築不可物件でもリノベーションしたうえで売りに出したり、賃貸物件として利用したりすることを前提にして買い取ってくれることがあるのです。

実績を把握してから不動産買取先の会社を決めて見積もり依頼

不動産買取の業者はとてもたくさんありますので、どこに依頼したら良いのかが分からなくて迷ってしまいます。
知名度が高いところなら安心かと言うとそうでもありませんので、まずは評判や実績を調べることが大切です。
これまでに取り扱った不動産買取に関してホームページ等に掲載していることが多いので、まずは情報収集の一環としてインターネット上にあがっている情報を精査します。
そのうえで、利用した人たちからの評価や気になる点をリサーチして、依頼しても安心できるかを考えるという流れです。口コミサイトでは信頼のある情報が掲載されているとも限らないため、いくつかのサイトをチェックする必要があります。
関係者の書き込みしかされていない場合には悪い情報を目にすることができず、実際に契約を結んでみると想像していたようなサービスが受けられなかったり、満足度の低いやり取りを強いられることがあります。
そのような事態を避けるためにも、事前にリサーチが大事です。

不動産買取の実績から分かる会社の得意領域

不動産買取の会社は非常に多いので、いくつかの候補に絞り込むだけでも大変です。
その地域で営業しているところなら地域密着型の営業を行っているので安心だろうと考えてしまうことがありますが、いくら地域に根差していても得意分野が売買でなければ理想的な取引はできませんので、まずは得意領域を知ることから始めます。
どのように調べるのかというと、過去の実績をリサーチしてみて、どのような取引を手掛けてきたのかの情報収集を行うのが効果的です。
実績がホームページ等に掲載されていない時には、実際に問い合わせをして確かめる必要があります。
自信を持っている不動産買取業者はそれぞれの取引に関する詳細まで教えてくれますし、どのようなスケジュールになるのかも細かく伝えてくれるはずです。
また、売りたい物件に関して気を付けたいポイントや時期的な面からお勧めしたい動きまで、幅広いアドバイスをしてくれますので、依頼した後はとてもスムーズです。

不動産買取に関する情報サイト
不動産買取の仕組みを解説!

不動産買取は大きく、その土地の路線価と建物の価値とに分かれます。路線価は、国が毎年発表している土地の価格の目安で人工だったり商業地だったりがあることで価格も上昇していく仕組みてす。建物の価格は年数によって徐々に下がっていくもので、新築に近ければ近いほど価値が高いとされています。これらのおおよその傾向をつかんでおけば大損することは無いと言えるでしょう。もちろん、需要によって価格は変動していきます。

Search