CHECK

知らないと損をしてしまうかも!?不動産買取の仕組みなどお役立ち情報を解説!

不動産買取は大きく、その土地の路線価と建物の価値とに分かれます。
路線価は、国が毎年発表している土地の価格の目安で人工だったり商業地だったりがあることで価格も上昇していく仕組みてす。
建物の価格は年数によって徐々に下がっていくもので、新築に近ければ近いほど価値が高いとされています。
これらのおおよその傾向をつかんでおけば大損することは無いと言えるでしょう。
もちろん、需要によって価格は変動していきます。

知らないと損をしてしまうかも!?不動産買取の仕組みなどお役立ち情報を解説!

細かく見ていくと、正方形の土地の方が不動産買取における価値があり、台形や三角形の土地はそれに比べてやや評価が下がります。
これは利用しやすさ、利用しにくさに影響していて正方形や長方形のほうが建物が建てやすく利用しやすいからです。
幹線道路に面していると騒音の影響があるので、道路脇よりも住宅の内側の方が価値が高いとされています。
このように細かく土地の評価は変わってくるので、不動産買取の際には交渉材料にできます。

不動産買取を依頼するメリットの一つでもある瑕疵担保責任とは?

不動産を扱う業界では瑕疵担保責任という法律が絡んでくるので、全てを正直に開示しないと後からトラブルに発展してしまい裁判になるリスクもあります。
家を購入した方が実際に住宅で生活をスタートさせた際、見えない部分で漏水が起きていたり、床下を確認すると水溜まりが出来ていることで室内にカビが繁殖してしまうなど、問題に直面することがあります。
この場合購入者は一般人になるので問題を見極める能力はありません。
この際に発生する法律になるので会社側は無償で修理修繕やリフォームをする義務が生じます。
一方で不動産買取を利用して自宅を買取ってもらう際には、瑕疵担保責任は発生しない条件になることからメリットに感じる方も実在しています。
不動産買取では不動産会社が住宅を点検した上で査定額を提示する方法になるので、住宅に対してはプロフェッショナルな存在です。
この理由によって一般消費者とは異なり法律は適用されることはないので、後から目立った問題が発覚したとしても問われることはありません。

仲介と比べると不動産買取の依頼先が少ないのがデメリット

不動産を売却すると多くの現金を得ることができますが、条件の悪い土地などはなかなか買い手がつかない場合もあります。
できるだけ早く現金化したいのであれば、不動産買取にすることも考えてみましょう。
不動産買取なら、仲介ではなく不動産業者に直接売却することになるので手続きも早く済みますし、すぐに現金化できるのもメリットです。
しかし一度売却した不動産を手元に戻すのは難しいものがあります。
それゆえ、不動産買取を依頼する場合もデメリットがないかどうか確認しておきましょう。
まず、仲介では一般の消費者から買い主を探すことになります。
相場価格を参考に値段を決めるので良い価格がつくことも多いといわれています。
仲介の場合は、多くの人から買い主を探すことができますが、買取の場合は依頼先は一般の消費者ではなく不動産業者です。
早期に売却手続きが完了するのはメリットですが、相場より安くなりやすいのはデメリットといえます。
時間はかかっても、できるだけ高く売りたいという人は仲介も検討してみてはいかがでしょうか。

不動産買取なら短期間で売却ができて現金化できる

不動産買取のメリットの一つは、売却して現金化できるまでの期間が短いことです。
不動産買取では買主が不動産会社なので、一般的な不動産取引のように購入希望者があらわれるまで待つ必要がありません。
通常の宅建業者に仲介をしてもらっての不動産売却では、価格等の条件によってはいつまで経っても購入希望者があらわれず、売却手続きが完了するまで長く時間がかかってしまう可能性がありますが、不動産買取では不動産業者を決めたらすぐに条件の交渉に入ることができます。
順調に交渉がすすめば、通常の取引だと2~3ヶ月かかるようなケースでも、1週間程度で不動産を現金化させることが可能です。
急な転勤や転職に伴う住み替えや離婚の財産分与、相続、多額の債務弁済など、早期に不動産を売却したい理由は人それぞれです。
もし、価格にこだわりがなく、とにかく早く不動産を手放したいときは、不動産買取を行っている会社に相談をするのがおすすめです。

不動産買取は仲介よりも安い金額で売却することになる

不動産を売却する場合は、不動産買取と不動産仲介の2種類があります。
不動産買取は、不動産業者が直接不動産を売主から買取する取引です。
買主が不動産業者なので、契約が成立すれば売主にスピーディーに現金が手に入ります。
しかし、不動産買取の場合は、早期に契約が成立する代わりに、一般的な相場よりも安い価格での契約になります。
相場の70%程度での価格になることが多いので、その点は十分に注意してください。
安い価格でも良いから、早く契約を成立させたい場合は、ふさわしいと言えます。
それに対して不動産仲介とは、不動産業者が仲介して買主を探す取引です。
買主が見つかるまで活動を続ける必要があるため、契約が成立するために時間がかかる可能性があります。
場合によっては1年近くも活動を続ける必要があるでしょう。
ただ、不動産仲介は一般的な相場で契約が成立する可能性が高いため、時間がかかっても高値で売却したい場合は、不動産買取よりも不動産仲介の方が良いでしょう。

不動産買取に関する情報サイト
不動産買取の仕組みを解説!

不動産買取は大きく、その土地の路線価と建物の価値とに分かれます。路線価は、国が毎年発表している土地の価格の目安で人工だったり商業地だったりがあることで価格も上昇していく仕組みてす。建物の価格は年数によって徐々に下がっていくもので、新築に近ければ近いほど価値が高いとされています。これらのおおよその傾向をつかんでおけば大損することは無いと言えるでしょう。もちろん、需要によって価格は変動していきます。

Search